果実の中でも育て方が難しくないのがブルーベリー!

使い勝手が抜群の植物

ブルーベリーは、育て方も果樹の中では簡単なうえ、実もおいしく、様々な料理に使えます。もちろん、育てているうちはお花も咲きますし、外見もかわいらしいのでガーデニング用としても優秀です。

ブルーベリーの使用用途・ベスト5

剪定
no.1

そのまま食べる

せっかく収穫したのなら、まずはそのままパクリと食べるのが育てた上での醍醐味ともいえます。皮ごと食べることが出来るので、摘みたてをそのままお口に入れるのがお勧めです。

no.2

食べきれなかったらジャムにして

ブルーベリーは追熟しない果実なので、生で食べるのなら収穫後すぐに食べるのが一番おいしいです。食べきれない場合は、ジャムに加工すると長持ちします。

no.3

お菓子用に

程よい甘みと酸味のバランスがいいブルーベリーは、お菓子との相性も抜群です。スコーンやパウンドケーキに入れたりと大活躍です。フレッシュなブルーベリーを使用すればおいしさもより一層際立ちます。

no.4

肉・魚料理にも

果物ということで、手を加えるならお菓子にと思うかもしれませんが、お魚のソースにしてもよく合います。脂っぽくなってしまう肉料理も、ブルーベリーを加えることでさっぱり食べられます。

no.5

お酢と合わせてさっぱりと

健康に良いとされるお酢と合わせて、ブルーベリー酢にするのもお勧めです。ブルーベリー酢を毎日の健康習慣に取り入れる事で、眼精疲労の回復や冷え性の改善なども期待できます。

果実の中でも育て方が難しくないのがブルーベリー!

園芸用品

日当たりに気をつける

ブルーベリーは、日光が好きな植物ですので、植える際は、日あたりがいい場所を選ぶようにしましょう。日あたりが悪いところに置いておくと、花が咲かなかったり、実をつけても酸っぱくなってしまうといった原因になり得ます。しかし、西日が当たりすぎるのも良くないので、注意が必要です。

男女

風通しの良さも考慮しよう

日あたりと同じくらい育てるうえで重要なのが風通しです。日あたりと風通りがいい場所で植えるほど、病気になりにくく、また実も甘くおいしくなります。風通しを考えるうえで、剪定も大事です。大きくおいしい実をつけるには、実が密集していると風通しも悪く、栄養も行き渡らなくなってしまいます。

栽培の基本を押さえる

ブルーベリーの育て方の基本は、3点です。酸性の土を選ぶこと。たっぷり水を与えること。同系統多品種のものを近くに置くことです。まずはこの基本を押さえて栽培してみましょう。

広告募集中