【急なトラブルでも安心】海外旅行保険は比較サイトでチェックしよう

いざというとき安心

男性と女性

上手に活用して

逓増定期保険とは、法人向け保険の代表的な商品であり、その特長としては年々死亡保険金が増加していくことや解約返戻金のピークが通常の保険に比べて早くくる点です。そのため、この逓増定期保険の特長を生かして節税対策や退職金の準備などに充てる法人が多いです。基本的に逓増定期保険とは生命保険であり、急に社長が亡くなったときのための保険です。通常の生命保険は、契約したときの死亡保障額が自然と増額されることはありませんが、この逓増定期保険では契約を重ねていくにつれて死亡保障額が自然と増額されていきます。会社の規模の成長につれて、死亡保障額は増額されていくので逓増定期保険に加入しておいて損はないでしょう。また、逓増定期保険は節税効果も非常に高く、支払った保険料の半分を損金として計上処理できます。一見すると、節税よりも損をしているのではと思えますが、逓増定期保険は解約返戻金のある生命保険なので、解約時には支払った保険料が戻ってくるイメージです。また、逓増定期保険の解約返戻金の金額は数年間、加入していると支払った分の保険料額の解約返戻金が戻ってくる特長を持っています。イメージとしては、保険会社に保険料を支払ってはいるものの、解約返戻金というお金を預けているようなものです。法人の節税には、逓増定期保険に加入する以外にもさまざまな方法があるのですが、法人税は節税できていても社長個人の所得税は高くなるケースも案外多いものです。しかし、この逓増定期保険は社長個人の所得税を節税する効果もあるのでおすすめです。