ブルーベリーとラズベリーを徹底比較

ラズベリーは害虫に強い

ブルーベリーは、アブラムシやカメムシなど、様々な害虫の標的となってしまうこともありますが、ラズベリーは、特に点滴といった害虫はありません。そのため、ブルーベリーは場合によっては害虫対策が必要となりますが、ラズベリーにはほとんど必要ありません。

ブルーベリーは、土選びに注意

ラズベリーの土を選ぶ際は、水はけがよいということを注意すれば、他はあまり気にせず選んでも平気ですが、ブルーベリーは、酸性の土を選ぶ方が良いです。ブルーベリー用の土も売っているので、初心者はそういったものを使う方が無難です。

人気のブルーベリーを育ててみよう

ブルーベリーは種類も多く、育てやすいので、初心者でも人気の植物です。たくさん実をつけさせたいのなら、同系統の多種で二本は育てたいところです。細かいことはよくわからないという方は、初心者向けのセットも売っています。

ブルーベリーを育てる際のポイント4つ

植物

土は酸性のものを選ぶ

ブルーベリーの育て方として、まずは土選びです。酸性の土を好みます。分からない場合は、ブルーベリー用の土を売っているので、そういったものを選ぶと間違いないです。

時には害虫対策も

ブルーベリーには、天敵と言える害虫がいます。放っておくと成長の妨げになるだけではなく、場合によっては株自体を駄目にしてしまうことになりかねないので対策が必要です。

違う品種がないと果実がならない

ブルーベリーの特徴として、自家不和合性という性質があります。これは違う品種の雄しべと雌しべが結びつくことで実がなるというものです。

水やりはこまめに

ブルーベリーは乾燥を嫌い、たっぷり水を吸う植物です。春・秋なら数日に一度、夏場は毎日一度くらいは水を与えるといいです。

ブルーベリーの育て方のヒントを学んでいこう!

園芸用品

栽培しやすい点が大きな魅力

ブルーベリーを家庭栽培する魅力は何と言っても育てやすいということです。果樹の中では、強い部類に入るので、多少放っておいてしまっても強く育ってくれます。植え付けてから3年ほどで収穫できるというのもうれしい点です。

はさみ

季節は問わず育てられる

ブルーベリーの収穫期間は6月から7月にかけてです。そのころは、収穫した果実でジャムやお菓子などと食の面でも楽しめます。しかし、春には白いかわいらしい花が咲き、秋には紅葉するので、季節を通して、鑑賞という面でも楽しませてくれるのがいいところです。

女の子

植え付けの時期に注意しよう

植え付けは、寒さの厳しい1・2月は避けるようにしましょう。関東より東側なら3・4月ごろ、西側なら10月ごろを目安にし、なるべく暖かい日を選んであげるといいです。これは、寒い時期になってしまうと、成長がとまる休眠期に入ってしまうので、休眠期の初期あるいは終わりごろにするためです。

初心者でも大丈夫!ブルーベリー栽培をしている人の感想

女性

プランターで育てられるのが魅力

我が家には庭がないのですが、ベランダは広めで日あたりがいいので、プランターでできるものを探していました。初心者にもおすすめということでブルーベリーにしてみましたが、今のところ病気や虫がつくということもなく、元気に育っています。

初めて実がなった時は感動しました

ガーデニング初心者だったのもあり、初めて実がついたときは感動しました。思ったより手がかからなかった印象です。まだ、沢山はとれないのでそのまま食べてますが、ジャムに出来るくらい収穫できるように本数を増やそうかと計画中です。

広告募集中